火曜日, 11月 29, 2022
ホーム調査レポート投資用物件の全種別で平均利回りが低下、価格上昇に

投資用物件の全種別で平均利回りが低下、価格上昇に

2022年4~6月期 投資用不動産の市場動向

国内最大の不動産投資サイト「楽待」(https://www.rakumachi.jp)を運営する株式会社ファーストロジック(本社:東京都中央区、東証スタンダード、証券コード:6037)は、同サイトにおける投資用不動産市場調査2022年4~6月期の結果を公表いたします。
(期間:2022年4月1日~同年6月30日、対象:期間中に「楽待」に新規掲載された全国の物件)

≪本リリースのポイント≫
・一棟アパート・マンション、区分マンションにおいて平均利回りが低下、平均価格が上昇した
・一棟アパートの価格は2四半期連続で上昇し、2012年の集計開始から過去最高額となった
・3四半期連続で価格が下落していた区分マンションは価格が上昇、1700万円台に

■レポート概要

2022年4~6月期では全物件種別において平均利回りが低下し、平均価格が上昇した。一棟アパートは2012年の集計開始以来、過去最高額の7389万円を記録した。一棟マンションは前四半期からプラス1224万円だが、2021年10~12月期からの推移をみるとほぼ横ばいである。区分マンションは3四半期連続で価格が下落していたが、今四半期では価格が上昇し、利回りも低下している。1700万円台を記録したのは2021年4~6月期ぶり。全物件種別で価格が上昇したのは2021年4~6月期と1年ぶりであり、ここから不動産価格が引き続き上昇していくかは注目していきたい。

一棟アパート

投資用物件の全種別で平均利回りが低下、価格上昇にのサブ画像1

一棟マンション

投資用物件の全種別で平均利回りが低下、価格上昇にのサブ画像2

区分マンション

投資用物件の全種別で平均利回りが低下、価格上昇にのサブ画像3

【会社概要】
社名:株式会社ファーストロジック
URL:https://www.firstlogic.co.jp/
上場市場:東証スタンダード(証券コード:6037)
本社:東京都中央区八丁堀三丁目3番5号 住友不動産八丁堀ビル5階
設立:2005年8月23日
事業内容:国内最大の不動産投資サイト「楽待」の運営

 

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments