月曜日, 1月 30, 2023
ホーム商品サービス不動産売買特化型の電子契約・契約書管理サービス「Release(レリーズ)」提供のGOGEN株式会社、アマゾン ウェブ サービス(AWS)のAWS Startup Rampに採択

不動産売買特化型の電子契約・契約書管理サービス「Release(レリーズ)」提供のGOGEN株式会社、アマゾン ウェブ サービス(AWS)のAWS Startup Rampに採択

【不動産取引情報から不動産所有者情報の管理・追跡への応用へ】

 不動産売買に特化した業界最安値(※1)の電子契約サービス「Release(レリーズ)以下:レリーズ」、手付金が不要となる住宅購入支援サービス「ゼロテ」を開発・提供するGOGEN 株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:和田浩明)は、アマゾン ウェブ サービス(AWS)によるスタートアップ支援プログラム「AWS Startup Ramp」に採択されました。

不動産売買特化型の電子契約・契約書管理サービス「Release(レリーズ)」提供のGOGEN株式会社、アマゾン ウェブ サービス(AWS)のAWS Startup Rampに採択のサブ画像1

 GOGEN株式会社は、2022年5月18日に施行された改正宅地建物取引業法に対応した、不動産売買特化型の電子契約・契約書管理サービス「RELEASE(レリーズ)」を開発しています。また、業界に先駆けて不動産売買の電子契約利用に関する国土交通省のガイドラインへの完全対応を公表(※2)、同法施行の当日未明には日本初の不動産売買電子契約締結をサポートする(※3)等、不動産業界における電子契約の普及に寄与すべく、積極的な情報発信を行っております。
 GOGEN株式会社は併せて、「RELEASE(レリーズ)」における不動産売買の情報管理手法を、国や自治体における不動産の所有権情報・所有権移転情報と居住地情報を効率的に管理するソリューションに応用するためのPoCを計画しています。不動産は、その安全な取引のために厳格な取引プロセスが法律で定められています。しかし、書面を必須とする種々の複雑な手続が不可欠なことで、効率化の妨げになる上、書面の真実性の確認が困難であったり、タイムラグを悪用されたりするリスクも指摘されています。GOGEN株式会社は、2022年5月の宅建業法改正を、不動産売買だけでなく、国および地方自治体の不動産所有者情報の管理・追跡をより効率化する機会と捉えたうえで、その実現に貢献するための検討・研究開発を継続しています。
 GOGEN株式会社は、AWS Startup Rampを通じて、公共機関に求められる水準を満たす技術のナレッジを更に強化する他、行政および関連スタートアップとのコラボレーションを加速させて参ります。

■AWS Startup Rampとは
 AWS Startup Rampは、アマゾンウェブサービス(AWS)を活用した革新的なソリューションで公共分野の課題解決に取り組むスタートアップを支援するプログラムです。行政、スマートシティ、シビックテック、ヘルスケア、サステナビリティ、宇宙などの公共分野への参入・事業成長に必要な技術支援・トレーニング、コミュニティ、コネクション・Go-To-Market支援、AWS無料利用クレジットの提供を通じて、スタートアップの事業成長を支援し、公共分野のイノベーションを加速させることを目的としています。
 詳細はAWS Startup Rampの紹介ページをご覧ください。
 https://aws.amazon.com/jp/government-education/startups/public-sector-startup-ramp/

【不動産売買特化型の電子契約・契約書管理サービス「Release(レリーズ)」について】
 物件の登録から引き渡しまでの不動産売買にかかる一連の取引フローにおいて発生する契約手続きを実施いただける、不動産売買特化型の電子契約・契約書管理サービスです。電子署名を実施する書類に加え、捺印が不要な書類や、その他取引にかかる書類も、物件・案件ごとに整理して管理・閲覧・ダウンロードが可能です。これまでの契約書作成業務はそのままに、捺印手続きと書類管理をレリーズに置き換えて取引業務を推進いただけます。

サービスHP:https://release.estate
資料請求フォーム:https://release.estate/pre

※本サービスは、契約プラットフォーム事業を展開する 弁護士ドットコム株式会社が提供する電子契約サービス「クラウドサイン」、およびSMBC クラウドサイン株式会社が提供する電子契約サービス「SMBCクラウドサイン」とのAPI連携を通じ、契約書類の電子化を実現しています。レリーズの御利用には、別途クラウドサインまたはSMBCクラウドサインの契約が必要となります。

不動産売買特化型の電子契約・契約書管理サービス「Release(レリーズ)」提供のGOGEN株式会社、アマゾン ウェブ サービス(AWS)のAWS Startup Rampに採択のサブ画像2

※掲載のサービス画面は開発中のものです。内容は変更される可能性があります。
※1:2022年6月1日現在、クラウドサイン及びSMBCクラウドサインとAPI連携した不動産売買契約向け電子契約サービスとして。当社調べ。
※2:参照(GOGEN株式会社プレスリリース):
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000088419.html 
※3:参照(GOGEN株式会社プレスリリース):
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000088419.html

【GOGEN株式会社について】
社名  :GOGEN株式会社
代表者 :和田浩明、佐々木勇人
所在地 :東京都渋谷区渋谷2-19-15 宮益坂ビルディング609
創業  :2022年2月
事業内容:不動産売買のDX推進/UX創造に係るサービス等の企画・運営・管理、各種コンサルティング業務 
会社HP  :http://gogen.jp

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments