木曜日, 2月 22, 2024
ホーム商品サービス不動産取引の案件管理業務をDXし生産性向上をサポートする「estie 案件管理」提供開始

不動産取引の案件管理業務をDXし生産性向上をサポートする「estie 案件管理」提供開始

売買・賃貸領域全体の業務支援サービスとして無償提供

株式会社estie(本社:東京都港区、代表取締役:平井瑛)は、不動産取引の案件管理業務をDXにより大きく効率化する不動産取引業務支援サービス「estie 案件管理」を正式に提供開始します。不動産取引を活性化させる案件創出データ基盤サービス「estie 物件売買」や、オフィス賃貸業に必要なあらゆる情報を提供する商業用不動産データ基盤サービス「estie マーケット調査」と併せて利用していただくことで、不動産取引における入口(取得)から出口(売却)まで、estieのプラットフォームで完結します。なお、不動産売買関連企業のDX推進をよりサポートし、estieの価値を広く皆様へお届けすべく、無償で提供します。

不動産取引の案件管理業務をDXし生産性向上をサポートする「estie 案件管理」提供開始のサブ画像1

  • 「estie 案件管理」開発背景:案件管理業務の作業負荷と非効率が課題

商業用不動産の売買取引業務において、ソーシング(調達)と案件管理の業務工数が大きな負荷となっています。物件探索時には複数の仲介会社やサービスを使用し、実際に街を歩いて情報収集することもあり、調査時間が膨大にかかっています。当社は、「estie 物件売買」のサービス提供を通じてソーシングの業務工数削減をサポートしていますが、案件管理業務に関する課題についても多くの声が寄せられてきました。

入手した案件情報を、物件概要書を確認しながらExcel等のファイルに手入力することで登録情報に手間がかかり、また複数のファイルに各案件の情報が散在していることで情報確認作業が非常に非効率となっています。そのため、チーム内での情報共有や意思決定をタイムリー且つスピーディーに行うことが困難な状況にあります。この課題は、賃貸取引業務においても同様です。

そこで、「estie 物件売買」や「estie マーケット調査」と連携して利用可能な案件管理のDXサービスを提供し業務効率化を支えることで、不動産取引のさらなる活発化を推進すべく、「estie 案件管理」を開発しました。

estieとして未対応の業務領域であった案件管理業務プロセスを「estie 案件管理」によりカバーすることで、商業用不動産取引の売買ならびに賃貸領域の全バリューチェーンにおける業務支援機能をestieで集約することが可能となり、業務効率化を一層推進していただけます。

不動産取引の案件管理業務をDXし生産性向上をサポートする「estie 案件管理」提供開始のサブ画像2

  • 「estie 案件管理」サービス概要

「estie 案件管理」は、不動産売買領域や賃貸領域の案件管理業務をDXにより大きく効率化し、チーム内での情報集約や案件分析、ナレッジ蓄積を支援する不動産取引業務支援サービスです。サービスの同時利用アカウント数制限は設けていませんので、チーム全体での情報共有や意思決定を、従来と比較し大幅にタイムリー且つスピーディーに行うことを可能とします。無償にて提供開始(契約期間:12か月)させていただきますので、お気軽に当サービスを導入していただけます。

※今後、有償でのサービス提供に変更させていただく場合があります。

◆活用ケース

・案件情報の登録を自動対応

物件概要書アップロード機能により、案件情報の登録をシステム側で自動対応します。従来は、入手した案件情報の登録が手動であり大きな手間がかかっていましたが、簡単・手軽に登録することが可能です。

不動産取引の案件管理業務をDXし生産性向上をサポートする「estie 案件管理」提供開始のサブ画像3_「estie 案件管理」サービスイメージ 1「estie 案件管理」サービスイメージ 1

・物件データと地図データ連携により、一元的に情報管理

登録した物件データは地図データと自動連携され、案件情報を一元的に確認・管理することが可能になります。従来は、各案件の情報が複数のファイル等に散在し、立地も含めた物件データ確認に多くの工数を要していましたが、「estie 案件管理」は効率的かつスピーディーな情報確認を容易に実現します。

不動産取引の案件管理業務をDXし生産性向上をサポートする「estie 案件管理」提供開始のサブ画像4_「estie 案件管理」サービスイメージ 2「estie 案件管理」サービスイメージ 2

・案件情報リスト管理によりステータス確認や案件比較を素早く実施

登録された案件情報をリストで管理することが可能であり、案件のステータス確認や案件比較も素早く実施することができます。チーム内でのタイムリー且つスピーディーな情報共有ならびに意思決定に大きく貢献します。

不動産取引の案件管理業務をDXし生産性向上をサポートする「estie 案件管理」提供開始のサブ画像5_「estie 案件管理」サービスイメージ 3「estie 案件管理」サービスイメージ 3

◆今後、開発予定の機能(J-REIT関連物件データの拡充)

案件情報の登録・管理機能に加え、J-REIT関連物件データの検索・参照機能の提供を予定しています。J-REITの取引事例及び運用情報がestieのサービス上で確認できるようすることで、物件取得検討業務のさらなる効率化・スピードアップをワンストップで支援します。

  • 「estie 案件管理」に関するお問い合わせ、資料請求

「estie 案件管理」のサービスデモンストレーションや資料請求をご希望の方、不動産取引業務におけるDXにご興味のある方は、是非お問い合わせください。

メールアドレス:estie_sales@estie.co.jp

担当:宮内

  • 株式会社estie(エスティ)概要

estieは、「産業の真価を、さらに拓く。」をパーパスに掲げ、商業用不動産業界が抱えるデータ流通の課題をデジタルシフトにより解決し、業界の取引をなめらかにするプロダクトを提供しています。主要サービスである商業用不動産データ分析基盤「estie マーケット調査」は、50以上の不動産デベロッパー・管理会社・仲介会社等による独自情報を日々集約し、自動で処理するデータパイプラインを構築することにより、オフィス賃貸業やオフィス投資業に必要なあらゆる情報を提供し、データを活用した不動産事業者の意思決定をサポートします。

【会社名】株式会社estie(エスティ)

【所在地】東京都港区西新橋1-1-1 日比谷フォートタワー

【代表者】代表取締役 平井 瑛

【設立】2018年12月

【コーポレートサイト】https://www.estie.jp/

・オフィス不動産データ分析基盤「estie マーケット調査」https://www.estie.jp/products/research/

・賃貸オフィスマッチングサービス「estie オフィス探し」https://www.estie.jp/products/finder/

・不動産領域におけるAI・機械学習アルゴリズム、新規事業の開発

過去のプレスリリース一覧はこちら:https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/40115

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments