木曜日, 2月 22, 2024
ホーム商品サービス「いえらぶサイン」基幹システムを問わず入居・更新・解約すべての電子契約が可能に!解約手続きをアップデート

「いえらぶサイン」基幹システムを問わず入居・更新・解約すべての電子契約が可能に!解約手続きをアップデート

株式会社いえらぶGROUP(本社:東京都新宿区、代表取締役:岩名泰介、以下「いえらぶGROUP」)は、賃貸借契約の手続きがオンライン上で完結する「いえらぶサイン」で解約通知書の電子契約が送付可能になるアップデートを行いました。これにより入居・更新・解約の手続きが「いえらぶサイン」単体で行えるようになり、基幹システムを問わない利用が可能となりました。

「いえらぶサイン」基幹システムを問わず入居・更新・解約すべての電子契約が可能に!解約手続きをアップデートのサブ画像1

■背景・概要

改正宅地建物取引業法により不動産取引の電子契約が全面解禁されてから、2023年5月で丸1年が経ちました。当社が2023年5月に行った調査によると、エンドユーザーの76.3%が賃貸借契約の電子化を希望しています(※)。

このたびいえらぶGROUPでは、「いえらぶサイン」で解約受付の一覧画面から解約通知書を送付できるアップデートを行いました。賃貸管理会社はホームページ上の退去受付フォームで申請を受け、入力された情報をもとに解約通知書を作成し、電子契約で解約の同意を得ることができます。担当者は解約受付の一覧画面で進捗管理をしながら作業できるため、退去に関わる業務の効率化にもつながります。

「いえらぶサイン」内で手続きが完結するため、「いえらぶサイン」単体で入居・更新・解約すべての電子契約の締結と進捗管理が可能になりました。これにより基幹システムに依存することなく、幅広い不動産会社様に手軽に電子契約を導入いただけます。

今後ともいえらぶGROUPでは、引き続き不動産業界の業務を効率化し、DXを推進してまいります。

■「いえらぶサイン」について

「いえらぶサイン」基幹システムを問わず入居・更新・解約すべての電子契約が可能に!解約手続きをアップデートのサブ画像2

「いえらぶサイン」は不動産の賃貸契約・更新契約・解約対応や、契約書の保管をオンラインで完結できるシステムです。不動産基幹システムを問わず連携でき、既存の書類をひな型として利用することも可能です。総務省、経済産業省認可の電子署名、タイムスタンプも付与でき、契約書の偽造、改ざん、不正アクセス、データ障害等や入力不備も防止します。

サービスサイト:https://ielove-cloud.jp/lp/sign/

▽本リリースに関する問い合わせ

https://ielove-cloud.jp/news/entry-648#mail

■いえらぶGROUPについて

いえらぶGROUPは「ITの力を使って不動産会社の業務を効率化する」「誰もが快適に住まいを探せる環境をつくる」を使命に、2008年に誕生した不動産テック企業です。不動産業界向けバーティカルSaaS「いえらぶCLOUD」「いえらぶBB」は全国25,000社以上で利用されています。

SaaSの提供だけでなく、グループ各社を通じてSNSマーケティングや賃貸管理業務・駐車場運営管理の代行など、幅広く不動産業界を支援しています。また、利益相反の観点からも、宅地建物取引業者の登録・不動産取引業に参入する予定はございません。

会社名:株式会社いえらぶGROUP

代表者:岩名泰介

設立 :2008年1月

資本金:3,825万円

所在地:東京都新宿区西新宿 2-6-1 新宿住友ビル24F

コーポレートサイトhttps://ielove-group.jp/

不動産事業者向けサービス紹介サイトhttps://ielove-cloud.jp/

※【いえらぶGROUP】Z世代の8割以上が部屋を借りる際、電子契約を希望!不動産会社の導入状況とのギャップも(いえらぶ調べ)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000340.000008550.html

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments