金曜日, 5月 24, 2024
ホーム商品サービステレワーク時代のひとり暮らしアパート「Solo Studio 北越谷」入居募集を開始。

テレワーク時代のひとり暮らしアパート「Solo Studio 北越谷」入居募集を開始。

人気のカスタムアパートメントシリーズが初の埼玉進出。プロのインテリアコーディネーターが内装をプロデュース。

話題の賃貸住宅「カスタムアパートメント」など、新時代のひとり暮らしの形を提供する株式会社デモクラシ。(本社:東京都渋谷区、代表:佐野 章、以下=当社)は、住宅事業に優れた実績を持つ株式会社マキテックグループの株式会社MAKIKOMU(本社:東京都港区、代表:藤田 敏男)と共同で、テレワーク対応のひとり暮らしアパート「Solo Studio 北越谷」(以下、本物件)のプロデュースを行いました。本物件のテーマは「テレワーク対応アパート」。急増する在宅勤務のニーズを受け、単身アパートでも快適なテレワークができる環境を整備しました。本物件は、本日9月14日よりカスタムアパートメントのWEBサイトより入居募集を開始。2021年11月中旬に完成予定です。

急増する在宅ワークの一方で、単身アパートの環境整備が急務
都の調査によると、東京都におけるテレワークの導入率は、初めて緊急事態宣言が発令された2020年4月以降、一貫して50%以上を上回っており、従業員規模が100人以上の企業では、既に約7割以上がテレワークを導入しています。一方で首都圏の1/2が単身世帯の時代。単身世帯の多くが暮らす「アパート」はテレワークを想定した内装設計がなされていません。そこで新時代のひとり暮らしの形を提供する株式会社デモクラシは、新たにオーナー様からプロデュースを依頼された単身アパートのテーマを「テレワーク時代の単身アパート」に設定。内装と統一感のあるテレワークデスクを備え付けるなど、単身アパートでも快適なテレワークができる環境を整備しました。

テレワーク時代のひとり暮らしアパート「Solo Studio 北越谷」入居募集を開始。のサブ画像1

 

プロのインテリアコーディネーターが空間をプロデュース
また、本物件では入居者様に快適な居住空間を提供するために、プロのインテリアコーディネーターが空間設計をプロデュース。日本の和デザインと北欧のミニマリズムを融合した「JAPANDI(ジャパンディ)」をテーマに、落ち着きのある洗練された内装を提供。テレワークをテーマとしながらでも、オリジナルで開発した家具を配置し、快適な居住空間となっています。

テレワーク時代のひとり暮らしアパート「Solo Studio 北越谷」入居募集を開始。のサブ画像2_内装イメージ内装イメージ

 

 

テレワーク時代のひとり暮らしアパート「Solo Studio 北越谷」入居募集を開始。のサブ画像3

先着内見会を実施
本物件の⼊居募集は9⽉14⽇よりカスタムアパートメントのWEBサイトより開始。現在、募集ページの各部屋詳細にてVR内覧可能です。10⽉下旬より現地内覧開始となります。ぜひこの機会にお引越しをご検討の⽅はお申し込みください。

募集ページ: https://custom-apartment.com/rent/kitakoshigaya/

物件名:Solo Studio 北越谷
物件所在地:埼玉県越谷市大沢3丁目 14-3
賃貸戸数:10戸
専有面積:21.11~24.84平方メートル
構造・階数:鉄骨造地上3階
完成年月日:2021年11月中旬予定
入居開始日:2021年11月下旬予定
交通:東武スカイツリーライン・伊勢崎線「北越谷」駅 徒歩4分

募集開始:2021年9月14日(火)予定
物件詳細:https://custom-apartment.com/rent/kitakoshigaya/

テレワーク時代のひとり暮らしアパート「Solo Studio 北越谷」入居募集を開始。のサブ画像4_外観の様子外観の様子

 

 

 

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments