木曜日, 12月 8, 2022
ホーム調査レポート【新レポート発行】不動産マーケットリサーチレポートVol.212「経年物件の取引の背景」

【新レポート発行】不動産マーケットリサーチレポートVol.212「経年物件の取引の背景」

三菱UFJ信託銀行株式会社(東京都千代田区、取締役社長:長島 巌)は、この度不動産マーケットリサーチレポートVol.212「経年物件の取引の背景」を発行しました。

  • 築15年以上経過した個人オーナーの賃貸不動産は、不動産会社(プロ)へ売却される傾向が見られる
  • 背景には、修繕に関する資金負担力やリスク許容度、個人オーナーのライフステージ、不動産市況がある
  • 建築費の上昇は、経年物件の取引マーケットでも懸念材料となる

 

 

【新レポート発行】不動産マーケットリサーチレポートVol.212「経年物件の取引の背景」のサブ画像1

【新レポート発行】不動産マーケットリサーチレポートVol.212「経年物件の取引の背景」のサブ画像2

【新レポート発行】不動産マーケットリサーチレポートVol.212「経年物件の取引の背景」のサブ画像3

レポート全文はこちらからご覧ください。
https://safe.tr.mufg.jp/houjin/fudousan/f_report/pdf/fr_2022080101.pdf?20220802092132

レポートのメール配信をご希望の方はこちらからご登録ください。
https://reg18.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=mfqj-pirjq-9b9011254f2028df84bd4a4c2acd7eac

【本件に関するお問合せ先】
三菱UFJ信託銀行 不動産コンサルティング部
大溝 日出夫
電話:050-3686-5171
mail:hideo_omizo@tr.mufg.jp

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments