月曜日, 7月 15, 2024
ホーム商品サービス「保有物件情報を登録しておくだけで複数の不動産会社から価格査定・買取提案が届くサービス」をPropally for Ownersで提供開始

「保有物件情報を登録しておくだけで複数の不動産会社から価格査定・買取提案が届くサービス」をPropally for Ownersで提供開始

保有物件情報を登録して待っているだけで複数の不動産会社から査定・買取提案が届く。シミュレーションツールで売却による手残りや売却までの収支を把握し、適切に売却を意思決定。

Propally for Owners
https://propally.jp/

不動産投資プラットフォーム「Propally for Owners」は、既に以下のサービスを提供開始しております。
・保有物件の収支管理、シミュレーションサービス
・複数の不動産会社から物件の提案を受け、事前シミュレーション・物件の比較検討をしながら購入物件を選べるサービス

さらに2021年10月1日、複数の不動産会社から価格査定・買取提案が届き、シミュレーションをしながら売却の意思決定が可能なサービスを開始しました。

これにより、不動産の購入・収支管理・売却までの活動のすべてをPropally for Ownersという1つのプラットフォーム上で完結することが可能になりました。
 

  • 新サービスの概要

1. ユーザーの保有する物件情報をPropally for Ownersに登録すると、登録情報を基に複数の不動産会社から物件価格の査定・買取提案等が届く 

「保有物件情報を登録しておくだけで複数の不動産会社から価格査定・買取提案が届くサービス」をPropally for Ownersで提供開始のサブ画像1

2. ユーザーは届いた提案のうち気に入ったものがあれば、その会社と面談を行って詳細な話を聞くことが可能 

「保有物件情報を登録しておくだけで複数の不動産会社から価格査定・買取提案が届くサービス」をPropally for Ownersで提供開始のサブ画像2

3. Propally for Ownersはシミュレーションツールを備えており、不動産会社からの提案価格で物件を売却することによる手残り額や、売却までに生じた収支の累計額等を把握しながら、売却の意思決定が可能

「保有物件情報を登録しておくだけで複数の不動産会社から価格査定・買取提案が届くサービス」をPropally for Ownersで提供開始のサブ画像3

 

  • サービスリリースによって可能になること

1.潜在的な売却機会を逃さない
多くの不動産オーナーの方は「価格によっては売却を検討してもよい」という物件を持っておきながら、なかなか売却に踏み出す機会がない状況かと思います。
そこで、Propallyは不動産会社に物件情報を公開して常に査定・買取提案を受けることが出来るようにすることで、買取ニーズのある不動産会社からのアプローチを逃さないようにしようと考えております。
なお、物件ごとに「希望売却価格」や「売却意向」等の情報も不動産会社に共有することにより、オーナーの売却ニーズと不動産会社の買取ニーズのミスマッチを防ぐ予定です。

2.望ましい売却価格の目線を持った上で売却ができる
保有物件につき、ただ価格査定を受けるだけでは、その価格で売却することが適切なのか(その価格で十分な投資成果が得られるのか)の検証をするのは困難です。
Propally for Ownersは不動産会社からの査定を受けた上で、その査定額での売却による手残り額や売却までの収支累計額等を試算可能なため、適切に売却の意思決定をすることができます。

なお現状は収支管理サービス、不動産会社からの物件提案、査定・買取提案サービスともに区分マンションを対象としておりますが、1棟アパート/マンションや戸建て物件等幅広い物件に対応していく予定です。
 

  • 会社概要 / お問い合わせ先

会社名:    Propally株式会社
設立:     2020年9月
所在地:    東京都港区赤坂1丁目12番32号アーク森ビル3階
会社サイト:  https://propally.co.jp/
資本金:    1,980万円(資本準備金含む)
お問い合わせ先:info@propally.co.jp 

「保有物件情報を登録しておくだけで複数の不動産会社から価格査定・買取提案が届くサービス」をPropally for Ownersで提供開始のサブ画像4

 

  • 代表者略歴

島田省吾
2015年に東京大学経済学部卒業後、商社経理・M&Aアドバイザーを経てPropally株式会社創業。米国公認会計士。
自身も投資用不動産を保有する中で、収支管理の煩雑さ・不動産価格の不明瞭さ等に問題意識を抱き、それらを解消しながら不動産会社にも価値を提供できるサービスを構想し、起業。

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments