金曜日, 12月 2, 2022
ホーム商品サービス不動産DXサービスを展開するアセットコミュニケーションズ、「エレベーターDX with BMクラウド」を提供開始

不動産DXサービスを展開するアセットコミュニケーションズ、「エレベーターDX with BMクラウド」を提供開始

株式会社アセットコミュニケーションズ(本社:東京都中央区、代表取締役:近藤 統嗣 以下アセットコミュニケーションズ)は、賃貸住宅のエレベーター保守メンテナンス・リニューアルの課題を解決する「エレベーターDX with BM(ディーエックスウィズビーエム)クラウド」の提供を開始いたしました。本サービスにより、クラウド上でエレベーターの保守メンテナンス・リニューアル工事の見積および受発注、リニューアル工事管理、工事後の保守メンテナンス、緊急駆け付け、請求管理などを一元管理することが可能となります。

不動産DXサービスを展開するアセットコミュニケーションズ、「エレベーターDX with BMクラウド」を提供開始のサブ画像1

■背景


〜賃貸住宅のエレベーター保守メンテナンス・リニューアルの課題を解決する〜
全国のエレベーター100万台(2020年現在)のうち、賃貸住宅・小規模ビルにおける設置台数は約10%の10万台と推計されています。エレベーターは税制上の法定償却年数はわずか17年であり、その主要機器の平均耐用年数は20年、さらにロングライフビル推進協会(BELCA)によるLCC(ライフサイクルコスト)評価指数計画耐用年数は25年です。 
リニューアル対象となっている賃貸住宅・小規模ビルのエレベーターは数万台に及びますが、公共施設・商業施設・分譲マンションと比べリニューアル工事が進んでおらず、賃貸経営における大規模修繕コスト問題も重なり、賃貸オーナーにとって大きな課題となっています。
このような課題を解決するべく、見積や受発注から、リニューアル工事管理、工事後の保守メンテナンス、緊急駆け付け、請求管理までをクラウド上で一元管理できる「エレベーターDXwithBMクラウド」の開発に至りました。

本サービス展開にあたり、リニューアル工事実績4,900台、保守メンテ台数67,500台(※2021年3月末時点)の独立系エレベーターメンテナンス最大手、ジャパンエレべーターサービスグループと提携。BMクラウドと連動したエレベーターリニューアル工事、保守メンテナンスの仕組みを構築いたしました。 
管理会社さま、オーナーさまは、「エレベーターDXwithBMクラウド」をご利用いただくことで、エレベーター保守メンテナンス・リニューアルに際する受発注から報告業務までの建物管理にまつわる煩雑になりがちな業務を、クラウド上で一元管理することが可能になります。

■「エレベーターDXwithBMクラウド」について


「エレベーターDXwithBMクラウド」は、クラウド上でエレベーター保守メンテナンス・リニューアル工事の見積および受発注、リニューアル工事の進捗管理、工事後の保守メンテナンス、緊急駆け付け、請求管理などを一元管理できる、クラウド型の不動産向け管理システムです。

▼エレベーターDX with BMクラウド
https://teikijunkai.com/service/evrenual/

【主な特長】

①見積・受発注からストレージ・電子契約管理まで一元化

エレベーター点検やリニューアル工事の見積依頼から最終見積・発注書・発注請書をクラウドで一元管理。工事契約は電子契約管理として検索性/見読性を確保した共有スペース上でストレージ管理されます。

②工事案件管理&シフト管理が簡単&スピーディーに

工事案件ごとに担当者のアサインを自動化。工事スケジュール管理、勤怠や作業報告をシステム内で完結。各種事務作業の効率化を図ることができます。

③工事報告書、月次メンテナンス報告を建物カルテ化

現場作業員のスマートフォンからリニューアル工事工程に連動して報告書を作成。また月次のエレベータ点検報告書もクラウド上で不動産データベースとして管理できます。報告書の蓄積によりビルや集合住宅の建物のカルテとして、他のメンテナンスサービスと統合され、データ履歴・保管されます。

④請求書の自動生成、電子保存

電子契約管理と連動し、リニューアル工事や月次メンテナンス、さらにスポットの駆け付け修繕等の請求書が自動生成されます。

⑤BMクラウドリフォームコンシェルジュによるサポート

BMクラウドリフォームコンシェルジュが、条件ヒアリング・専門工事行者選定・建物カルテ・工事履歴管理をサポートします。

■今後の展開


本サービスは、既に提供中の「退去立会・原状回復工事DXwithBMクラウド」に続く、修繕工事DXの第二弾の取り組みとなります。
アセットコミュニケーションズでは、リフォーム/修繕工事のDXサービス提供を通じて、賃貸管理・ビル管理におけるクラウド一元管理の取り組みを引き続き強化してまいります。

■関連URL


Asset Apps:https://assetapps.jp/
BMクラウド:https://teikijunkai.com/
株式会社アセットコミュニケーションズ:https://assetcom.jp/

━株式会社アセットコミュニケーションズ 概要━
社名                   株式会社アセットコミュニケーションズ
本社                         東京都中央区銀座1-3-3 G1ビル7階
BMクラウド本部      東京都渋谷区猿楽町29-8 ヒルサイドテラスE棟32
設立                     2001年9月26日              資本金    10,000,000円
代表者                    代表取締役     近藤統嗣
事業内容                   AssetAppsの開発・提供
                               BMクラウドサービスの開発・提供
                               不動産ネットショップの開発・提供

━本リリースに関するお問合せ━
◆サービスに関するお問合せ
担当 大橋
Tel:03-6277-2196
https://teikijunkai.com/inquiry/

◆報道関係者さまお問合せ
https://forms.gle/NMEQcVhWhNMMondW8
 

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments