火曜日, 11月 29, 2022
ホーム商品サービス給与も休みもない「育業」とにかく暇ナシの子育て夫婦が教育資金を貯めるには

給与も休みもない「育業」とにかく暇ナシの子育て夫婦が教育資金を貯めるには

イーダブルジーが過去最高のファンド規模、1億6200万円のファンド募集中【2022.7】

子育ては幸せなイベントであると同時にハードワークである。ただでさえ悩みが尽きない中、子供が生まれると同時に、とある心配事が一つ増える。それは教育資金だ。

東京都が発表した「育業」という言葉の意図するところは、子育ては休みではなく大切な仕事である、ということらしい。確かに子育ては大切な仕事であるし、その認識が常識になることを願う一方で、子育てという行為そのものに対しての給料は通常支払われない。また、子育てという仕事を行う中、休日も満足に与えられない。

これだけ聞くと、「育業」という仕事をする「家庭」という職場はブラックだと言わざるを得ない。むしろ、子育てが終わった後の夫婦に「育休」と称してただ寝て遊ぶだけの休暇をプレゼントすべきではないか。

そんな冗談はさておき、子供と同時に授かる悩み、教育資金問題とどう戦うかを考えた。

【教育資金はどれほど必要なのか】

給与も休みもない「育業」とにかく暇ナシの子育て夫婦が教育資金を貯めるにはのサブ画像1

令和3年、日本政策金融公庫の行った調査では、四年制大学を卒業までに必要とする学費の平均額は約943万円である。しかし、これはあくまで平均の額であり、高校と大学がどちらも私立になったり、進学塾に通ったりと、加算される要素は盛沢山だ。高校と大学、どちらも私立に進学すると、実家からの通学だとしても約1400万円が必要というデータもある。

結婚式費用、生活費、養育費、その他色々と出費が重なっている中、子育てスタート時点で資金的に余裕がある家庭はごく少数なのではないか。とはいえ、子供が生まれた直後から大学入学までに18年のカウントダウンが始まる。大学の入学金ほか教材など初期費用のようなものを支払うため、少なくとも250万円、できれば300万円程度の資金があると安心できる。

単純に、250万円を18(年)で割ると年に約14万、月にすると1万2千円を貯金する必要がある。

【ただ貯めるだけでいいのか、教育資金】

超低金利の現在、預金では資産が増えないから投資をしようという大衆の動きがある。しかし、教育資金は、期日までに「絶対に必要」な資金であるため、万一でも減ってしまうと困ってしまう。

投資信託や株式投資は、長期的で持っていると高確率で増えることは歴史上明らかであるが、学費の支払いの、そのタイミングで元本割れしていたら意味がない。それゆえに、リスクを極力抑え、かつ目に見える程度に増える、という資産運用が求められている。

【不動産クラウドファンディングが注目を集めている理由】

不動産クラウドファンディングの市場は前年度比約2.5倍のペースで拡大している。(イーダブルジー調査)人気沸騰の理由の1つが、教育資金準備と不動産クラウドファンディングの相性が良いということである。予想される要素は以下の3つだ。

  1. 元本割れのリスクが低い
  2. 高確率で想定の利回りで配当が出る
  3. 数ヶ月~1年で元本が手元に戻る

不動産投資は基本的に収益が安定しているものの、物件評価額の低迷や賃料下落があれば減益は言うまでもない。しかし、不動産クラウドファンディングはそのリスクに対し、リスクヘッジとなるシステムが存在する。

一つ目は、優先劣後システムという、利益の減少に対し事業者の出資分(劣後出資)が充てられるシステムがある。最初に損するのは事業者であり、一般投資家は守られる。2つ目は、第三者企業やグループ会社とマスターリース契約を締結していて、空室リスクに備えていることだ。ファンドの運用中はたとえ空室であってもマスターリース契約により賃料収入は途絶えない。この二つのリスクヘッジシステムにより、不動産クラウドファンディングの元本保全性が高められている。

収益が安定するスキームであることで、想定の利回りで分配金が支払われる。そのため、収益シミュレーションが容易である。計画的に「いつまでにいくら」資金を用意したいという、教育資金の準備にフィットするわけだ。元本が短期的に戻ってくることも、安心感があるとのこと。

(参考)
・不動産クラウドファンディングのデメリットを事業者が敢えて紹介します
https://www.tomotaqu.com/topics/real-estate-crowdfunding/demerit-real-estate-cloud-funding/
・「不動産クラウドファンディング」メリット・デメリット、おすすめの理由を解説
https://www.tomotaqu.com/topics/real-estate-crowdfunding/1319/

【トモタクCF(クラウドファンディング)5号が出資を募集中】

給与も休みもない「育業」とにかく暇ナシの子育て夫婦が教育資金を貯めるにはのサブ画像2_CF5号外観CF5号外観

予定分配率(年利): 6.5% (税引前)
募集金額: 16,200万円
出資総額: 18,000万円
劣後出資: 1800万円
募集口数: 1620口
抽選結果発表日: 2022年7月27日(水) 15:00
出資額: 1口10万円(1口〜200口まで出資可能)
運用期間: 1年間(2022年8月10日〜2023年8月9日)
総分配回数: 12回 (月に1回)
出資方法: オンライン完結

——————Check

7/26(火)13:00に募集終了

——————

\ファンド詳細情報はこちらから/
https://www.tomotaqu.com/fund_list/fundcf5/
(参考)
・【1分で理解】不動産クラウドファンディングとは?|初心者向け情報
https://www.tomotaqu.com/topics/real-estate-crowdfunding/small-investment/
・「30代女性、将来が不安」お金に関する悩みはどうやって解決する!?
https://www.tomotaqu.com/topics/small-investment/30s-woman-how-to-solve-your-money-problems/

【始めるだけで既にお得〉投資家になろうキャンペーン】

会員登録で出資時に使える2,000円分のポイント付与
出資額に応じてAmazonギフト券GET

【会社概要】

商号   :株式会社イーダブルジー E.W.G Co., Ltd.
会社設立 :2009年8月
資本金  :1億円
代表   :代表取締役 田中 克尚
本社所在地:〒106-0032 東京都港区六本木7-4-1 スマイリービル6F・7F
事業内容 :不動産事業(売買・仲介・賃貸管理)
不動産コンサルティング業
不動産特定共同事業
損害保険代理業
免許番号        : 東京都知事 (3) 第93945号
不動産特定共同事業許可書: 許可番号 東京都知事第133号
賃貸住宅管理業     : 国土交通大臣(2)第2381号
加盟団体        : 公益社団法人全日本不動産協会
URL          : https://www.ewg.co.jp/
運営WEBサイト      :https://www.tomotaqu.com/https://oo-ya.jp/

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments