日曜日, 1月 29, 2023
ホーム調査レポート不動産のプロが選ぶ!「住まい探しで見落としがちな物件情報」ランキング

不動産のプロが選ぶ!「住まい探しで見落としがちな物件情報」ランキング

~1位「コンセントの位置、数」~

不動産情報サービスのアットホーム株式会社(本社:東京都大田区 代表取締役社長:鶴森 康史 以下、アットホーム)は、全国のアットホーム加盟店を対象に実施したアンケート調査の結果をもとに、『「住まい探しで見落としがちな物件情報」ランキング』を発表します。

不動産のプロが選ぶ!「住まい探しで見落としがちな物件情報」ランキングのサブ画像1

<トピックス>

  • 住まい探しで見落としがちな物件情報ランキング
    第1位「コンセントの位置、数」62.7%

不動産のプロが選ぶ!「住まい探しで見落としがちな物件情報」ランキングのサブ画像2

  • 不動産会社を訪問する前に、ポータルサイトで確認しておくべき物件情報ランキング
    第1位「費用(賃料、敷金、保証金、礼金、管理費など)」74.6%

不動産のプロが選ぶ!「住まい探しで見落としがちな物件情報」ランキングのサブ画像3

<不動産のプロが伝授!住まい探しにおけるアドバイス>

  • 高層階の場合、電波が届かないことがあるので確認が必要です。(宮城県)
  • 昨今はおしゃれな建物が多く、B1階~5階などの物件があります。その場合、表記上地上面が2階と表記されることもあるので、地下のある物件については該当の部屋が地上から見て何階なのかは確認すべきだと思います。(神奈川県)
  • 全ての情報を得てから、優先順位を付けると良いです。(神奈川県)
  • どうしても間取りや内装の具合に目が行きがちになってしまい、気付かない点や未確認の点が出てきてしまうので、後悔しないよう入念に確認すると良いです。(東京都)

<不動産のプロが選ぶ!「住まい探しで見落としがちな物件情報」ランキング 調査結果>

Q. 住まい探しや内見時に見落としがちな物件情報は何ですか? (複数回答)

  • 第1位 「コンセントの位置、数」 62.7%

不動産のプロが選ぶ!「住まい探しで見落としがちな物件情報」ランキングのサブ画像4

不動産会社に「住まい探しで見落としがちな物件情報」について調査した結果、1位は「コンセントの位置、数」でした。不動産会社からは「特にキッチン周りのコンセントの場所と容量は大切。炊飯器や冷蔵庫、オーブン、電気ポットなど消費電力が多い。また、距離も重要。」というコメントがみられました。物件写真には写っていないこともあるので、内見時に確認することが大切です。
次いで、2位は「冷蔵庫の位置と冷蔵庫扉の開く方向」でした。加えて不動産会社からは「冷蔵庫の寸法も確認すべき」という声が寄せられました。4位にランクインした「洗濯機置き場のサイズ」も同様に、置き場所やスペースの大きさは決められていることが多いので、手持ちの物が収まるかどうかや玄関から搬入できるかなどは内見時に測って確認しましょう。
そして3位は「携帯電話の電波の入り具合」で、不動産会社の方からは「付帯のインターネット環境も合わせて確認すべき」という声が上がりました。テレワークが一般的になりつつある昨今、回線が混み合うこともあるので入居前に確認しておくことをおすすめします。
5位以下には、「付帯のエアコンの年数」28.9%、「ゴミ置き場や駐輪場など共用部の状況」27.6%が続きました。また、その他には「防犯カメラの有無」や「水圧」、「管理人の駐在時間や曜日」などのコメントが寄せられました。

<不動産のプロが選ぶ!「不動産会社を訪問する前に、ポータルサイトで確認しておくべき物件情報」ランキング 調査結果>

Q. 不動産会社を訪問する前に、ポータルサイトで確認しておくべき物件情報は何ですか? (複数回答)

  • 第1位 「費用(賃料、敷金、保証金、礼金、管理費など)」 74.6%

不動産のプロが選ぶ!「住まい探しで見落としがちな物件情報」ランキングのサブ画像5

不動産会社を訪問する前に、ポータルサイトで確認しておくべき物件情報について調査した結果、1位は「費用(賃料、敷金、保証金、礼金、管理費など)」、2位は「間取り」でした。不動産会社からは「最低限の条件になりうる項目なのでそこをクリアした物件へのお問合せがスムーズ」といったコメントが目立ちました。
次いで、3位は「入居可能日」でした。「入居希望時期とすり合わせが大切」、「入居は2カ月後という物件もあるので注意が必要」という声が上がりました。また、「まだ前の方が入居中の場合、内見にご案内できない」といった、内見に関するコメントも多く見られました。
そして4位は「駐車場、駐輪場の有無」でした。「空き情報がない場合は近隣の月極駐車場の検討が必要になるので、事前に確認しておくとスムーズ」といった声や、「別途駐輪場代がかかることもあるので注意」といったアドバイスがみられました。
5位以下には、「階層」39.9%、「築年数」37.0%など、物件の基本情報に関する項目が続きました。

<不動産のプロに聞いた!ポータルサイトで住まいを探す時のアドバイス>

  • ポータルサイトの物件紹介ページに載っているおすすめコメントには 自分の目線ではわからないアドバイスがあるので必ず見ておいた方が良いです。(神奈川県)
  • 定期借家契約の記載を見逃す方が多いです。契約年数も合わせてチェックが必要です。(東京都)
  • 賃料以外にかかる費用(保証料、火災保険、鍵交換代など)や、退去時にかかる室内クリーニング費用等を事前に確認しておくと良いです。(東京都)
  • 不動産会社選びにはホームページなどを見ると良いです。(愛知県)

<調査概要>

■調査対象
全国のアットホーム加盟店1,086店
■調査主体
アットホーム株式会社
■調査方法
インターネットによるアンケート調査
■調査期間
2022年4月19日(火)~4月26日(火)

<調査結果について>

アットホームでは、本調査をはじめ、賃貸物件に住む人や一戸建て・マンションを購入した人などに住まいに関する調査を定期的に行っています。その他、ニューノーマル時代に求める理想の住まいや一戸建て修繕の実態に関する調査など不動産業界のトレンドに合わせた調査も実施しています。過去の調査結果、各エリアの調査結果など詳細につきましては、お問い合わせください。(調査担当:清水)
 

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments