金曜日, 12月 9, 2022
ホームイベントあなたのアイディアが町家の再生につながるかも!?町家リノベーションのアイディア募集開始

あなたのアイディアが町家の再生につながるかも!?町家リノベーションのアイディア募集開始

京町家の再生販売などを手掛ける不動産会社、株式会社八清(本社:京都市下京区 代表取締役社長:西村直己)が2022年7月1日(金)、町家リノベーションアイディア募集を開始しました。応募締め切りは9月15日(木)。

あなたのアイディアが町家の再生につながるかも!?町家リノベーションのアイディア募集開始のサブ画像1

八清ではこれまで500軒近くの町家をはじめとする中古住宅のリノベーションを手掛け、「安心・安全・快適」な住まいを目指し多くのお客様に提案してまいりました。さらに「住みたい!」と思っていただけるような“遊び心”も重要な要素の1つと考え、様々な検討を重ねて、リノベーションを行っています。このたび、もっと面白い住まいを企画したいと考え、仕事で住宅や不動産にかかわる人はもちろん、趣味で家や間取が好きな人から、斬新で「住んでみたい!」と思えるようなアイディアを広く募集することにいたしました。アイディアをお持ちの方ならどなたでも応募していただけます。

 

あなたのアイディアが町家の再生につながるかも!?町家リノベーションのアイディア募集開始のサブ画像2_リノベーション前の参考間取り図リノベーション前の参考間取り図

間取図を参考に、この町家をどのようにリノベーションするか自由な発想で遊び心のあるアイディアをお待ちしています。町家全体でもどこか一角(台所、庭など)でも構いません。内容が魅力的であれば、提案者と八清との協働により商品化させる構想もあります。
 

あなたのアイディアが町家の再生につながるかも!?町家リノベーションのアイディア募集開始のサブ画像3

京都らしい魅力あるまち並みを構成している町家は、京都の千年以上の歴史の中で文化や暮らしの美学が受け継がれてきたものであるとも言えます。しかしながら、まちの開発や生活様式の変化などにより、今もなお京都では年間約800軒の町家が取り壊され、空き家も増えているのが現状です。八清では町家を未来へ残すべく、町家を買い取り、長く使えるようリノベーションして蘇らせ、新たな使い手(購入者や賃借人)を求め、一軒でも町家が取り壊されるのを食い止められるよう活動しています。今回のアイディア募集で町家の魅力を広め、町家の再生を促進することで後世に町家の連なるまち並みが受け継がれていくことを願っています。
 
■スケジュール
募集開始 2022年7月1日(金)
応募締切 2022年9月15日(木)
結果発表 2022年10月15日(土)

■受賞特典
金賞 賞金 10 万円(1名)
銀賞 賞金 3 万円(2名)
八清特別賞 UNKNOWN KYOTO 1泊宿泊券(10名)
UNKNOWN KYOTO https://unknown.kyoto/

■審査員
物件ファン 近藤 淳也氏 with 物件ファン編集部
美術家 mais(マイス)氏
株式会社八清 取締役会長 西村 孝平

■「町家リノベーションアイディア募集」特設サイト
https://www.hachise.jp/event/idea2022/index.html

【株式会社八清】
称号:株式会社八清(ハチセ)
所在地:京都市下京区東洞院通高辻上る高橋町619番地
設立:1956年
代表取締役社長:西村直己
事業内容:主に京都市内の町家や中古住宅の再生販売、不動産コンサルティング・仲介・分譲・買取など。
伝統構法で建てる新築京町家分譲プロジェクトや「安心」「安全」「快適」を根幹としたリノベーションにより価値ある財産として住宅を再生させるプロジェクトを展開。
URL:https://www.hachise.jp
 

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments