火曜日, 6月 18, 2024
ホーム商品サービス優良なリノベーションの品質基準を満たす『R住宅』が首都圏築21年以上のマンション成約 (※) の約20%に相当

優良なリノベーションの品質基準を満たす『R住宅』が首都圏築21年以上のマンション成約 (※) の約20%に相当

『R住宅』の発行件数は累計6.2万件を突破

一般社団法人リノベーション協議会(東京都渋谷区・理事長:山本卓也)は、2021年度の優良なリノベーションの品質基準を満たす「適合リノベーション住宅(R住宅)」の発行件数が5,971件、累計で62,909件となったこと、および「R住宅」発行件数企業ランキングを報告いたします。
(※) 東日本不動産流通機構による2021年度首都圏における築21年以上の中古マンション成約数

優良なリノベーションの品質基準を満たす『R住宅』が首都圏築21年以上のマンション成約 (※) の約20%に相当のサブ画像1_リノベーション・オブ・ザ・イヤー2021受賞作品より住宅事例イメージ(左:株式会社アートアンドクラフト事例、右:株式会社まごころ本舗事例)リノベーション・オブ・ザ・イヤー2021受賞作品より住宅事例イメージ(左:株式会社アートアンドクラフト事例、右:株式会社まごころ本舗事例)

公益財団法人東日本不動産流通機によると、2021年度における首都圏中古マンションの成約件数は37,828件(前年度比2.1%増)と、前年度を上回りました。そんな中、2021年度の「R住宅」の発行件数は全国で5,971件(前年度比92.6%)、累計で62,909件となりました。【図1】

優良なリノベーションの品質基準を満たす『R住宅』が首都圏築21年以上のマンション成約 (※) の約20%に相当のサブ画像2_【図1】【図1】

■エリア別発行件数

エリア別の発行件数は首都圏76.3%を占めました。次いで関西が11.1%、東海が7.4%、その他のエリアが5.2%となり、首都圏でより多く発行されています。【図2】

優良なリノベーションの品質基準を満たす『R住宅』が首都圏築21年以上のマンション成約 (※) の約20%に相当のサブ画像3_【図2】【図2】

■R住宅は首都圏における築21年以上の中古マンション成約の1/5の件数に相当

2021年度の首都圏における中古マンション成約数は37,828件で、5年連続で新築の成約数を上回っております【図3】。その内、築21年以上のものは18,848件を占めています(公益法人東日本不動産流通機構資料を基にリノベーション協議会調べ)。同様に首都圏における築21年以上の中古マンションのR住宅発行件数(R1住宅+R3住宅)は3,960件で、先述の成約数に対して21.0%に相当する件数を発行しました。【図4】
 

優良なリノベーションの品質基準を満たす『R住宅』が首都圏築21年以上のマンション成約 (※) の約20%に相当のサブ画像4_【図3】【図3】

優良なリノベーションの品質基準を満たす『R住宅』が首都圏築21年以上のマンション成約 (※) の約20%に相当のサブ画像5_【図4】【図4】

■R住宅発行件数ランキング

インテリックスが1,064件発行し、全国最多となりました。次いで大京穴吹不動産が921件で2位に、エフステージが613件で3位となりました。上位4社は全て買取再販型の事業を主体とした企業が占めました。
請負型ではリノベるが368件で最多となり、次いでgrooveagentが117件で2位に、リノステージが85件で3位となりました。シンプルハウスは関西エリアの企業で唯一上位20位に入りました。【表1】

優良なリノベーションの品質基準を満たす『R住宅』が首都圏築21年以上のマンション成約 (※) の約20%に相当のサブ画像6_【表1】【表1】

R1住宅とは

区分所有マンション専有部に関する品質基準を満たしたリノベーション住宅です。給排水管や電気、ガス、防水、下地などを重要インフラと定め検査基準を設定。重要インフラは新規更新・既存流用に係らず、最低2年の保証を義務付けています。工事の内容は図面とともに住宅履歴情報として保管され、「R1住宅適合状況報告書」が発行されます。

R3住宅とは

区分所有マンションの一棟全体を対象建物とし、専有部を対象としたR1住宅に加えて、構造(耐震や躯体強度)、維持管理、劣化状況、定期点検などを重視した検査基準を設定。住宅瑕疵保険対象部は5年保証、それ以外は2年の保証を義務づけ、適合状況報告書とともに、住宅履歴情報として保管しています。

R5住宅とは

戸建住宅を対象建物とし、建物内部の重要インフラを対象としたR1基準に加えて、構造(耐震や躯体強度)、維持管理、劣化状況などを重視した検査基準を設定。住宅瑕疵保険対象部は2年保証を義務づけ、適合状況報告書とともに、住宅履歴情報として保管しています。

リノベーション協議会は、今後も優良なリノベーション住宅の普及浸透を推進し、既存住宅流通の活性化に寄与してまいります。そして、リノベーションによる既存住宅の性能や価値の再生・向上によって、住まいを求める人が「自分らしく」「無理なく」「自由に」住まい選びが出来る市場をつくり、地球環境にやさしく、真に豊かな暮らしの実現に寄与してまいります。

一般社団法人リノベーション協議会について

消費者が安心して既存住宅を選べる市場をつくり、既存住宅の流通を活性化させることを目的に、2009 年7 月に発足したリノベーション業界団体です。現在、業界・業種の枠を超えた829社(正会員614社、賛助会員199社、特別会員4名・9法人・3自治体)が参画し、優良なリノベーションの統一規格「適合リノベーション住宅」を定め、建物タイプ別に品質基準を設定、普及浸透を推進しています。区分所有マンション専有部に関する品質基準を満たす「R1住宅(アールワンジュウタク)」、区分所有マンション共用部も含む品質基準「R3住宅(アールスリージュウタク)」、戸建住宅の品質基準「R5住宅(アールファイブジュウタク)」が運用されており、適合リノベーション住宅発行件数は、累計62,909件(2022年3月31日現在)。2022年6月からは、R1住宅エコ基準も運用開始し、地球環境にもやさしいリノベーションの普及を目指します。
https://www.renovation.or.jp/

名称 :一般社団法人リノベーション協議会
理事長:山本 卓也
設立   :平成21 年5月20日
住所   :東京都渋谷区渋谷2-2-2青山ルカビル4F

【お問合せ、ご質問、取材のお申込み、画像・素材のお貸し出し】
リノベーション協議会 広報:石川 唯
Mail:pr@renovation.or.jp

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments