月曜日, 4月 22, 2024
ホーム未分類【BITEX】日系企業初、アブダビ不動産ライセンス取得、現地法人設立のお知らせ

【BITEX】日系企業初、アブダビ不動産ライセンス取得、現地法人設立のお知らせ

【BITEX】日系企業初、アブダビ不動産ライセンス取得、現地法人設立のお知らせ | BITEX REAL ESTATE BROKERAGE L.L.Cのプレスリリースhttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000138752.html“/>https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/138752/1/138752-1-8286d0ad4ebc6af2b326e29452cd8cef-1600×900.png?format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&width=1200&height=630“/>

プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES

  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

https://prtimes.jp/data/corp/138752/logo/pc-468992cc7bdd5f7bb509278333f1ff11-b49d08073bc4565fe05f00eb36b18183.jpeg” alt=”” class=”css-1ias2o0″/>

BITEX REAL ESTATE BROKERAGE L.L.C


会社概要

【BITEX】日系企業初、アブダビ不動産ライセンス取得、現地法人設立のお知らせ

BITEX REAL ESTATE BROKERAGE L.L.C(アブダビ、UAE、CEO上野 真司)は、『文化的に豊かで、歴史的に重要な地域の不動産市場へのアクセスを提供する』をビジョンに掲げ、UAEの首都アブダビに新規法人を設立しました。アブダビでの不動産ライセンス取得は日系企業として初となります。

日本の上場企業の社長を辞任し、アブダビに移住をした代表の上野 真司は、企業のトップとしての長年の経験と独特のビジョンを生かして、新たな事業の礎を築くべく展望を掲げています。そして、日本最大手の美容整形クリニックの総医院長が取締役として加わり、事業に対する姿勢と顧客ファーストである精神、ビジネスセンスを集結させています。

BITEXは日本の厳格なガバナンス構造を導入し、過去4,000億円以上の取引経験から導き出される2カ国間のメリットを組み合わせ、リスクを配分した、安全かつ効率的に投資できる手法を日々模索し提供しています。今後は日本の不動産業者様ともパートナー強化をし、さらなる事業拡大を目指します。

中東UAEの圧倒的ポテンシャルと未来

BITEXが感じるUAEのポテンシャル

BITEXはアブダビ市場に大きな可能性を感じています。アブダビは、UAEの中心として語られるドバイと比較し、不動産市場の需給バランスが非常に良く、数%の低空室率と、利回りが高い健全な市場です。さらにアブダビは、UAE国土の86%以上を占め、GDPがドバイの2倍以上あります。2023年の超富裕層の移住先ランキングでは世界2位となり、財政、経済、治安ともに安定し年々成長しています。2024年以降もさらに市場が大きく伸びると予想されており、世界中から注目されています。

アブダビの安定した経済と不動産市場の展望

  1. 潤沢なオイルマネーの下支えと世界最先端への投資

  2. 需要と供給のコントロール

  3. 先ゆくドバイから学んだリスクヘッジ

潤沢なオイルマネーの下支えと世界最先端への投資

UAEの国土の8割を占めるアブダビを支えているのがオイルマネーです。アブダビ政府の主な収入源は世界6位の石油埋蔵量で、GDPの8割以上を占めています。現在は将来への投資として、石油からの収入源をもとに都市開発や最先端技術の発展を進めています。

2009年にドバイが経済危機に直面した際、アブダビ政府が約100億円を支援し難を逃れました。今後もUAE国内で問題が生じた際には、他の首長国に対する救世主として支援するという構造になっています。

項目

アブダビ

ドバイ

人口

145万人

333万人

面積

67,340㎢

3,885㎢

GDP

2,490億ドル

1,050億ドル

1人あたりの

平均所得

2,000万円

660万円

主要産業

石油・ガス産業

化学・石化産業

航空宇宙産業

観光業

不動産業

金融サービス業

需要と供給のコントロール

Aldar社オフィス

アブダビは2019年の4月まで外国人が土地を保有することが法律で認められていませんでした。そのため、外国人が不動産購入をすること自体できませんでした。しかし、隣の都市ドバイが海外からの企業誘致や不動産業で大きく発展したため、アブダビもオイルマネーからの再投資先として不動産業に力を入れるようになりました。

ドバイに居住する富裕層の移住先や、外国人投資家から注目が集まり始めてきた近年、現地では『アブダビ不動産の春が来ている』とも言われています。

Aldar社ロゴ

弊社が提携するAldar社は政府系企業で、資産、規模含めUAEで1番大きなデベロッパーとなります。この企業はアブダビで外国人が投資できる不動産物件の9割を手掛けています。Aldar社は政府と一緒にアブダビの土地開発も行っており、不動産の需給バランスをはかり、物件数を調整し供給することで相場をコントロールしています。

このようにアブダビ不動産市場は、需給バランスが取れていることから、投資家にとってリスクの少ない投資対象として見られています。経済規模もドバイの2倍以上あることからカントリーリスクもより低いと言えるでしょう。

先ゆくドバイから学んだリスクヘッジ

ドバイはアブダビよりも先に観光業や不動産業で世界に名が知れ渡りました。アブダビは過去にドバイが失敗した事例などをもとに、需要と供給のコントロールやエスクローアカウントの導入の義務化、厳格な法整備を進め、投資家に対してより安全な投資市場を政府が提供しています。

UAEでの不動産購入に関する詳細はこちら

BITEXだからできる、NISAよりも賢く固い投資スキーム

  1. 2カ国間キャリートレード運用

  2. UAEでの法人設立やビザの取得

  3. 物件の買取保証付き

2カ国間キャリートレード運用

我々はこれまでの日本とUAEの市場経験から、両国のメリットを組み合わせた安全かつ効率的に投資できる手段と方法をご案内しております。日本からUAEへ投資することで、日本のみでは実現できなかったキャリートレード運用が可能です。アブダビは東南アジアや他の諸外国と比べ、カントリーリスクやデベロッパーの倒産リスク等が低く、評価が高いことから低金利で日本の銀行から長期間の融資が受けられます。

2カ国間キャリートレードの運用の説明

日本の低金利ローン+アブダビの高金利預金+賃貸収入により、不動産投資の収益性を高めるだけでなく、インフレに対抗するための手段としても機能します。

アブダビと日本の銀行の銀行利息の違い

UAEでの法人設立やビザの取得

UAEで法人設立をすることで、企業や個人の節税対策を行うことも可能です。そのため、最近では多くの日系企業が進出しています。また、個人が不動産投資をすることでUAEのビザが取得できます。アブダビやドバイに進出したい企業様や個人のお客様に対しても法人の設立業務や事業策定及び資金調達等のコンサルティング業務も行っております。

日本

アブダビ

香港

シンガポール

個人所得税

(住民税込)

最大55%

0%

17%

20%

法人税

(地方法人税込)

約35%

9%

16.5%

17%

譲渡所得税

配当所得税

20.315%

0%

0%

0%

消費税

10%

5%

0%

0%

固定資産税

都市計画税

1.4%

0.3%

0%

登録税2-4%

購入時に1度

0%

7%

物件の買取保証

UAEの不動産は更地から完成に向けて価格が上昇します。世界の超富裕層は物件価格の高騰を気にせず、実際に完成した部屋を確認してから購入する傾向にあります。つまり、「いかに安く買うか」ではなく「いかに納得して買うか」という市場であるため、更地から完成まで段階的に価格が上昇します。

BITEX社の取り扱う不動産は、各提携先のデベロッパーが初公開をした最安値で、且つ価格上昇率の高い物件を厳選して提供します。UAEの不動産が公開から数日で完売になる理由は確実に上昇する市場で更に最安値であるという理由です。

更地の状態(最安値)で取引を行うことで完成に向け価格が上昇しますので、BITEXは特にリスクもなく日本法人で買取保証をしております。万一お気に召さなかった場合、BITEXの提供する更地の不動産を購入された場合に限り、日本法人で買取をします。

新たな想像と品格のある眩い未来への参画

最後にUAE・アブダビが今後、文化・教育・生活面でさらに発展していくことに対して、大きな期待が大きくあります。UAEの人口の年齢中央値は33.6歳と若く、潤沢な資産で国の発展に投資を行っています。このように平均年齢が低い国で、様々な分野に多くの投資を行っている国は世界でも稀で、今後の経済や文化・教育・生活の面で更にどのように発展していくのか、品格のある魅力ある未来を持つ国です。

文化・教育・生活面での発展

アブダビは世界的に人気な観光地とも知られ、有名なランドマークや観光スポット、そして常に大きなコンサートなどのイベントが開催されます。例えば、エミレーツ パレス アブダビ、シェイク・ザーイド・グランド・モスク、ヤス・マリーナ・サーキット、そして世界最大の屋内テーマパークであるワーナー・ブラザース・ワールド・アブダビなどがあります。2023年の末にはクリス・ブラウンがアブダビでコンサートを行い盛り上がりました。

アブダビは文化的な魅力も豊富で、伝統的なスーク(市場)や美術館、歴史的な建造物などが訪れる人々を魅了しています。最近の発表では新たに4つの美術館が建設されていることが発表されています。そのうちの1つが日本の最新テクノロジーを活用したデジタルコンテンツ開発チームの teamLab(チームラボ)です。

チームラボ アブダビ

アブダビは他にも2023年11月にオープンした新空港、メトロや国家間の高速鉄道、世界レベルの大学や病院があります。このように多くの人が移住されることを想定し、経済が発展しています。

代表挨拶

親愛なるステークホルダーの皆様へ

2024年、アブダビの経済と文化の中心にBITEX社が誕生しました。その背景には、日本の上場会社の社長を辞任し、アブダビに移住した代表上野の強い意志があります。
私は、企業のリーダーとしての長年の経験と、独特のビジョンを生かして、アブダビにおける新たな事業の礎を築くべく展望を掲げています。
そして、日本最大手の美容整形クリニックである総医院長が取締役として加わり、その事業に対する知識と顧客ファーストである精神、ビジネスセンスを結集させています。

この企業設立の背後には、私が抱いていたアブダビへの深い魅力があります。アブダビは、経済的な豊かさはもちろん、文化的な多様性、品格のある街並み、国際的な美術館や文化施設の存在など、多面的な魅力を持つ都市です。
それらの魅力に加え、人々の温かさや、未来に向けた可能性も心を動かしました。これらの要素が融合するアブダビこそが、新たな事業を始めるにふさわしい場所だと確信しました。

BITEX社のメイン事業は不動産売買ですが、その活動範囲はそれに留まりません。日本から進出する企業や、さらには日本以外の国々からの企業に対しても、アブダビでの事業展開を全面的にサポートしています。事業計画の立案から、フィージビリティスタディの策定、予算組みまで、幅広いサービスを提供しています。この活動を通じて、BITEX社はアブダビの魅力を世界に広め、さまざまな国との交流を深めることを目指しています。

BITEX社の設立は、単なるビジネスの開始を超えた深い意義を持っています。アブダビの経済と文化の発展に寄与し、世界各国との交流を深める架け橋となることを目指しています。このビジョンの実現に向けて、BITEX社は多方面にわたる活動を展開して参ります。

不動産事業においては、アブダビの成長する経済と、それに伴う住宅や商業施設の需要を捉え、高品質かつ環境に配慮したプロジェクトを推進しています。これには、最先端技術の導入や、地域の文化・歴史を尊重した設計が含まれます。これらの取り組みにより、BITEX社はアブダビの不動産市場において、信頼されるパートナーとしての地位を確立して参ります。

国際ビジネスのサポート面では、BITEX社は、日本からの企業だけでなく、世界各国からの企業がアブダビでビジネスを行うための総合的な支援を提供しています。これには、市場分析、法的手続きのサポート、ビジネスマッチング、そして現地での運営サポートなどが含まれます。これらのサービスを通じて、BITEX社は、アブダビのビジネス環境をよりアクセスしやすくし、多国籍企業間の協力を促進しています。

また、BITEX社は、文化交流の推進にも力を入れています。アブダビの豊かな文化と、その地域特有の美しい街並みや歴史を、世界に向けて紹介するイベントやプログラムを企画・実施しています。これにより、ビジネスの枠を超えた人々の心の交流を深め、相互理解と尊重の促進を図っています。

さらに、BITEX社は地域社会への貢献にも注力しており、教育や環境保護、社会福祉に関するプロジェクトに積極的に関わっています。これにより、企業の社会的責任を果たすとともに、持続可能な社会の実現に貢献しています。

最後に、我々BITEXは、アブダビでの事業展開を通じて、新たな価値を創造し、多様性と包摂性を重んじる社会の構築に貢献して参ります。BITEX社の設立とその活動は、単に経済的な成功を追求するのではなく、より良い未来への道を切り拓くことに重点を置いています。

アラブ首長国連邦(UAE)は、ドバイをはじめとするその輝かしい都市群で世界的に知られています。これらの都市は、まばゆいばかりの豪華さと先進的な都市構造で、多くの人々を魅了してきました。
しかしながら、私たちBITEX社がこの国で事業を展開するにあたり、そのような華やかさを前面に押し出すことなく、むしろUAEの持つ高い品格と、静かなる美徳を尊重し、それを世界に伝えることを心掛けています。私たちは、派手さを追求することなく、ガバナンスが確立され、組織の持続可能性に貢献する運営を目指しており、この姿勢は日本企業での長年の経験から培われたものです。

UAEの真の魅力は、その煌びやかな外観だけにあるのではなく、その土地が持つ歴史的背景、文化的多様性、そして人々の温かさに深く根ざしています。これらは、一見すると目立たないかもしれませんが、長期にわたって持続可能な関係を築いていく上で、はるかに重要な価値を持っています。
私たちBITEX社は、この国の持つ静かなる力を世界に伝え、理解を深めてもらうことを使命としています。

私たちは厳格なガバナンス構造を導入し、透明性、責任、公正性を重んじます。これらの原則は、私たちの事業活動全般において、絶対的な指針となります。さらに、社員一人ひとりがこれらの価値を内面化し、日々の業務に反映させることで、企業文化として定着させています。

単に事業の成功を収めることだけではなく、UAEの真の品格のある魅力を世界に伝え、相互理解と尊重に基づく関係を築いていくことを最大の喜びとし、使命を果たして参ります。

私たちの旅に皆様を招待し、世界に新しい住まいや投資商品の選択肢を提供する革新的な取り組みにご参加いただければ幸いです。

皆様の信頼とサポートに心から感謝申し上げます。

敬具

BITEX HOLDINGS

代表取締役社長 CEO 上野 真司


会社概要

BITEXロゴ

社名

BITEX REAL ESTATE BROKERAGE – L.L.C

ライセンス番号

CN-5124462

所在

M39, Plot Num12, Musaffah, Abu Dhabi

事業内容

中東不動産売買・斡旋

日本不動産売買・斡旋

法人設立・ビジネス支援

不動産コンサルティング

中東進出サポート

代表者

代表取締役社長 CEO

上野 真司

宅地建物取引士・行政書士・証券アナリスト

不動産取引ライセンス 784-1982-1377780-2

2020年に上場企業の代表取締役社長を辞任。約20年に渡り約4,000億円以上の不動産や投資商品の取引を行う。

2021年からイギリス、UAE、シンガポール、ベトナムにて再生医療事業と産業構造改善に向けた革新的なテクノロジーを用いた新たな繊維開発を行う。

役員

取締役 COO

前多 智啓

ドバイ在住3年目。カナダ・台湾・アメリカへの留学後、日本にてマーケティング会社を6年間経営。ドバイへ移住した後、不動産事業や法人設立事業に従事。

取締役

森上 和樹

1988年創業から約36年、10万件以上の症例実績を誇る城本クリニックの総医院長。

提携企業

Aldar Properties

Arada Developments

Ellington Properties

Emaar Properties

IMTIAZ DEVELOPMENTS

MAG Property Development

SAMANA Developers

Sobha Realty

Tiger Properties

関連企業

JAPAN

BITEX CO.,LTD 

J LEAD PARTNERS FUND LLC

UAE

J LEAD PARTNEARS

SINGAPORE 

BITEX PTE LTD.

LONDON 

BJ HOLDINGS LTD.

連絡

URL  https://bitex-co.com/

メール customer@bitex-co.com

X   https://twitter.com/BITEX_AUH

Instargram https://www.instagram.com/bitex_ae/?igsh=ems5dXVvOW1wNzc1&utm_source=qr


RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments