日曜日, 1月 29, 2023
ホームイベント「不動産投資なんてやめとけ」六本木の不動産投資会社がそう言ってしまう理由とは?私たち、ワルモノではないんです。

「不動産投資なんてやめとけ」六本木の不動産投資会社がそう言ってしまう理由とは?私たち、ワルモノではないんです。

「やめとけ」など言いたくない。不動産投資会社が切実に訴えるリスクヘッジの重要性【不動産投資初心者、必読の情報を発信する『大家の教科書』を公開】

本来、不動産投資会社が不動産投資を「やめとけ」などと、言いたいわけがありません。当然これは、不動産投資が必ず失敗するからという理由からではないのです。リスクを考える方法を知らない方が不動産投資を始め、その結果大失敗して不動産投資の悪評につながってしまうからなのです。知識と入念な調査で、不動産投資のリスクは下がる、むしろ堅実に資産形成したい方におすすめの投資手法であるということ解説します。

【「やめとけ」実はやさしい言葉?その実情はいかに】

「不動産投資なんてやめとけ」六本木の不動産投資会社がそう言ってしまう理由とは?私たち、ワルモノではないんです。のサブ画像1

不動産投資はスタートしたら後戻りはできません。その物件に賃貸需要がないと気づいても時すでに遅し、駅から近くなったり専有部分が増えたりはしません。ワンルームの需要はなかった、ファミリータイプの2LDKなら需要があったのに、となっても後の祭りです。たとえ同じ最寄駅の同じ広さ、同じ間取りの物件でも、駅の東口なのか西口なのか、徒歩で5分なのか10分なのかで賃貸需要、各種リスクに大きな違いが出る可能性があります。競合物件の調査も欠かせません。物件の厳選は、リスクと収益性の入り乱れる部分である最重要過程なのです。

参考:大家の教科書:https://oo-ya.jp/risk/real-estate-investment-stop/

【やめとけの代名詞、ワンルームマンション投資を理解】

 

「不動産投資なんてやめとけ」六本木の不動産投資会社がそう言ってしまう理由とは?私たち、ワルモノではないんです。のサブ画像2

ワンルームマンション投資に対して「営業があやしい」「リスクが大きいからやめとけ」と言う人はたくさんいますが、「なぜですか」と聞かれてしっかり説明できる人はどれほどいるでしょうか。ワンルームマンションはその場所に立っているだけなので、実のところ何もあやしくはありません。住所や平米数、最寄り駅、駅徒歩分数は嘘をつきません。その条件で、「実際に買うか」を決めるにあたり、なぜ利益がでるのか筋道を立てて考えないことが「だまされた」という結果になる原因でしょう。物件紹介をする営業マンも人間です。不利な情報を1から10まで懇切丁寧に説明はしてくれない可能性は考慮しましょう。

大前提として、ワンルームの区分ですので、複数の入居者から賃料収入を得られる一棟の物件よりも、基本的に利益自体が少ないです。全額現金購入の場合以外は、ローンの支払いを差し引いて粗利益が1万、2万といった物件もしばしば存在します。そのリターンで、数十年のローンを組み、空室のリスクも取って挑戦するのかどうか、よく考えるべきなのです。団体信用生命保険があるからそれでもいい、という考え方もありますが、空室や滞納で家賃収入が得られなければ、住んでもいない部屋にローンを支払うだけの、重い鎖に過ぎません。

※ワンルームマンション投資について詳しく知りたい方はこちら
「やめとけ!サラリーマンのワンルーム投資、潜むリスクを解説」
https://oo-ya.jp/risk/one-room-mansion/

【では、不動産をどう厳選するか?「賃貸需要を調べる」一択】

「不動産投資なんてやめとけ」六本木の不動産投資会社がそう言ってしまう理由とは?私たち、ワルモノではないんです。のサブ画像3

賃貸需要を調査しない不動産投資ほど空室リスクが恐ろしいものはありません。すでに入居者がついているオーナーチェンジ物件以外、まずは入居者が決まらなければ始まりません。簡単に賃貸需要調査の流れを説明します。まず、同エリアに検討物件と似た物件が少なく、需要が大きければ空室があるだけで勝手に埋まります。設備が多少整っていなくとも大きなリスクではありません。あまりにシンプルですが事実です。あくまで、物件探しをしている人は、住みたいエリアに実在する物件の中から選ぶだけです。ポータルサイトで物件数を調べてみましょう。そこである程度の競合が確認された時は、トイレ・バス別、コンロは何口か、エレベーターはあるのかなど、差別化の深度をあげていきます。地理的、設備的な差別化ができなければ、低賃料で差別化するというリスク丸出しの最終手段しかありません。

※賃貸需要についての詳細もこちらで解説
https://oo-ya.jp/risk/apartment-investment/

【​競合に負けるリスクを小さくする「ターゲティング」】

「不動産投資なんてやめとけ」六本木の不動産投資会社がそう言ってしまう理由とは?私たち、ワルモノではないんです。のサブ画像4

検討エリアでのターゲットはどんな部屋を求めるか、本人になりきって条件を絞ったあと、需要に対して供給が多ければ、同条件の競合物件はどれほどあるのか、シビアに考えましょう。そうすれば、どんな設備、どの程度の賃料であれば競合に対して優位性あるかはっきりしてきます。これができた時点で大きなリスクヘッジです。たとえば大学生なら、その大学と最寄り駅に近い方がよいかもしれません。その大学は女子大なので、賃料が高くてもバストイレ別で洗面台はマスト、オートロックが望ましい、大学まで街頭はたくさんあるか等、見えてくるポイントは無数にあるでしょう。リスクヘッジとは、それをどこまで細かくやるかどうかなのです。

【不動産投資は基礎さえ学べば騙されない、大失敗しない】

「不動産投資なんてやめとけ」六本木の不動産投資会社がそう言ってしまう理由とは?私たち、ワルモノではないんです。のサブ画像5

失敗するか成功するかはともかく、不動産投資を考える方は本来、戦略的に資産運用がしたいと思っていたり、長期目線で損得の判断ができる人達なのではないかと思います。それだけに、不動産の専門家にまかせようという思考放棄がもったいなく、残念でなりません。まず不動産投資の営業マンや専門家に話を聞く前に、物件情報をかみ砕く基礎知識、根拠のないセールストークに踊らされない賃貸需要の調査能力を身に着けることがおすすめです。不動産投資とは、事前のリスクヘッジが明暗を分ける投資です。この平米数の物件は供給過多だ、駅徒歩5分以内の物件が、駅徒歩10分の自分の物件と同程度の賃料で募集されている、等々大きなリスクに後々で気づいたとしましょう。その時、物件の間取りが変わったり、駅から3分以内になったりはしないのです。

※不動産投資に失敗した話[体験談から]
https://oo-ya.jp/risk/stop/

【まとめ:不動産投資の基礎力=リスクヘッジ力】

「不動産投資なんてやめとけ」六本木の不動産投資会社がそう言ってしまう理由とは?私たち、ワルモノではないんです。のサブ画像6

不動産投資に失敗しないためのリスクヘッジは、物件の賃貸需要をいかに入念にこなすかです。そして、賃貸需要を理解するためには、まず不動産投資の基礎を学習しましょう。「不動産投資なんてやめとけ」や「リスクが大きすぎる」といった指摘に対して、本当に「やめとけ」の場合はどんな場合なのか、リスクとは具体的にどんなことか、簡単なまとめをスラスラと話せるようになることが最初の目標です。とはいえ、学ぶことは少なくないので、まずは気になるトピックの気になる部分だけ流し読みをしてみてください。流し読みでも繰り返し行えば、不動産投資の勘所がつかめてくるはずです。

【不動産投資は「大家の教科書」】

「不動産投資なんてやめとけ」六本木の不動産投資会社がそう言ってしまう理由とは?私たち、ワルモノではないんです。のサブ画像7

『不動産コンサルティングマスター、宅建士監修の不動産投資メディア』
https://oo-ya.jp/

大家の教科書は、「不動産投資をやさしく教えてくれる、先生みたいな友達サイト」です。
不動産投資について少し詳しい友達が、喫茶店であなたにのんびりと不動産投資についてのあれこれをラフに教えてくれるイメージで、ご利用いただければと思います。「先生みたいな友達」として、大家の教科書はあなたに不動産投資をしきりに勧めたりはしません。むしろ、気を付けないといけないポイントに関して、口うるさく助言していこうと考えております。

その結果、「やはり不動産投資はやめておこう」という結論になったとしても、友達がいがあったと思い、私たちは満足です。ただ一方で、減り続けるといわれる年金支給額、金利が低くて増えない預金など、漠然とした不安にあふれる現状を少しずつ打破していく方法を、私たちは皆さんにお伝えしていきます。

—————————————————–
運営会社:株式会社イーダブルジー

□10万円からの不動産投資「TOMOTAQU-トモタク-」
URL          : https://www.tomotaqu.com/

□会社概要

商号   :株式会社イーダブルジー E.W.G Co., Ltd.
会社設立 :2009年8月
資本金  :1億円
代表   :代表取締役 田中 克尚
本社所在地:〒106-0032 東京都港区六本木7-4-1 スマイリービル6F・7F
事業内容 :不動産事業(売買・仲介・賃貸管理)
不動産コンサルティング業
不動産特定共同事業
損害保険代理業
免許番号        : 東京都知事(2)第93945号
不動産特定共同事業許可書: 許可番号 東京都知事第133号
賃貸住宅管理業     : 国土交通大臣(1)第4486号
加盟団体        : 公益社団法人全日本不動産協会
URL          : https://oo-ya.jp/

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments