金曜日, 12月 2, 2022
ホーム商品サービスニセコを舞台に「イノベーションとコト・モノ・ヒトで創り出す」持続可能なリゾート共創プログラム

ニセコを舞台に「イノベーションとコト・モノ・ヒトで創り出す」持続可能なリゾート共創プログラム

北海道ニセコを代表するリゾート施設と持続可能性の価値を実現する「IMPACT NISEKO with EaSyGo」

不動産を起点にESGへ取り組むサービスEaSyGoを展開する株式会社GOYOH(本社所在地:東京都新宿区、代表取締役:伊藤 幸彦、以下GOYOH)は、「IMPACT NISEKO with EaSyGo」 プログラム(以下、IMPACT NISEKO)を開始したことをお知らせします。

ニセコを舞台に「イノベーションとコト・モノ・ヒトで創り出す」持続可能なリゾート共創プログラムのサブ画像1

概要

「IMPACT NISEKO」は、日本が誇る国際的リゾート北海道ニセコを舞台とした、イノベーションによる持続可能なリゾートの実現を目指す共創プログラムです。

北海道・ニセコは世界中の富裕層から注目される国際的なリゾートとして大きな発展を遂げる一方で、環境、コミュニティ、人材、サービスなど様々な領域での持続可能性の面での問題や弊害が顕在化しており、今後いっそう深刻化すると予想されています。

ニセコが抱える「持続可能な国際的リゾートへと成長するための課題」に対して、国内の大手企業からスタートアップまで様々な事業者のもつサービス・テクノロジー・商品と、国際的なリゾートでの活躍機会へ関心を持つ個人、ニセコを代表するリゾート施設パートナー、EaSyGo(GOYOH)が連携し解決を目指します。

ニセコを舞台に「イノベーションとコト・モノ・ヒトで創り出す」持続可能なリゾート共創プログラムのサブ画像2

今までニセコにおける、外資系企業をはじめとしたリゾート施設や企業と、地域コミュニティや国内企業の連携には様々な壁ありましたが、「IMPACT NISEKO」ではEaSyGoがこれらのステークホルダーと連携し、持続可能性を価値に変えることにより、共通の価値を共創し循環させます。

参加企業・個人にとっては、グローバルな富裕層市場へのダイレクトアプローチや市場開拓、持続可能性を価値とする事業機会の発掘にも繋がる取り組みです。

当プログラムは、過去に株式会社GOYOHがニセコにおいて取り組んできた共創プログラム、「Connect Niseko」(2019年)、「Gastronomy Japan in Niseko」(2020年)に続く、第3弾のプロジェクトです。

ウェブページhttps://www.goyoh.jp/impact-niseko/

ニセコを舞台に「イノベーションとコト・モノ・ヒトで創り出す」持続可能なリゾート共創プログラムのサブ画像3

IMPACT NISEKO が解決を目指す課題

ニセコのリゾート施設は以下のような課題を抱えています

  • 施設や利用者の増加にともなう水の供給とインフラ不足
  • リゾート運営の地域住民への貢献・交流
  • 廃棄物削減
  • リゾート施設の人材不足
  • 観光客の移動手段の不足
  • 繁忙期における飲食サービスの予約や利用困難

 

求められる解決策の一例

  • 効率的な水の消費または水利用量の削減をするサービス・商品
  • クリーンなエネルギー利用を実現する設備やサービス
  • 廃棄物削減・再利用
  • エコで効率的な移動方法やサービス
  • 環境や地域社会に配慮した観光商品や体験(食、美容、レジャー用品の再利用、など)
  • 環境や地域社会に配慮した宿泊施設でのアメニティ商品など
  • 季節性のあるリゾートでの雇用・就労をより簡単に働きやすくする方法やサービス
  • リゾート施設の運営における人手不足を効率改善で解決する方法やサービス
  • リゾート施設の周辺コミュニティ住民への貢献・還元・交流を活発化させる方法やサービス

パートナー施設・企業

世界中の富裕層が訪れる北海道・ニセコ。その中でも、最も高い評価をされるラグジュアリーリゾート施設と連携し、コト・モノ・ヒトによる持続可能性を価値としたラグジュアリーツーリズムを実現します。

ニセコを舞台に「イノベーションとコト・モノ・ヒトで創り出す」持続可能なリゾート共創プログラムのサブ画像4

パートナー施設・企業一例

ニセコを舞台に「イノベーションとコト・モノ・ヒトで創り出す」持続可能なリゾート共創プログラムのサブ画像5

プログラム参加者メリット

  • パートナー企業のリゾート施設でのサービスや商品の実証、共創および導入の機会
  • パートナー企業のリゾート施設の海外富裕層を含む宿泊者へのサービスや商品の訴求
  • EaSyGoがサービスを提供する他のリゾート施設、住宅、オフイス、商業施設、物流施設などへの展開の機会

条件

  • 提供するサービス・商品・技術が、上記の課題またま解決策に関係するもの、またはそれ以外の持続可能性をリゾート施設で実現できるもの
  • 提供するサービス・商品・技術の持続可能性に関する効果が計測可能であり、その効果をパートナーのリゾート施設および株式会社GOYOHと共有、連携へ活用できること

 

スケジュール

「IMPACT NISEKO」は通年のプログラムで、共創を希望する企業及び個人は、随時エントリーいただけます。 以下リンクのプログラムページからエントリーいただけます。
https://www.goyoh.jp/impact-niseko/

ニセコを舞台に「イノベーションとコト・モノ・ヒトで創り出す」持続可能なリゾート共創プログラムのサブ画像6

EaSyGo IMPACT Program

IMPACT NISEKOは、「EaSyGo IMPACT Program」から派生した持続可能なリゾートモデルの実現に向けた共創プログラムです。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000029.000045260.html
 

ニセコを舞台に「イノベーションとコト・モノ・ヒトで創り出す」持続可能なリゾート共創プログラムのサブ画像7

■EaSyGoについて

EaSyGo: https://www.goyoh.jp/easygo/
EaSyGoは気候変動対策をはじめとしたESGへ取り組む不動産運用者/オーナーや機関投資家、また不動産を利用する人々や企業(テナント)に対して、脱炭素へ取組む機会の提供、ESGの定量化と改善、社会的なポジティブインパクトの可視化、具体的な施策や選択肢とインセンティブを提供し、ステークホルダーのESGへの行動変容から不動産価値を高めるサービスです。
EaSyGoは2021年のサービス開始以来、AXA REIM社やケネディクス・グループなど欧州・国内での最大手の不動産運用会社などで導入されているほか、大型の公的施設用地の再開発事業におけるESG施策ツールとしての活用実績があります。­­­
グローバルな機関投資家と連携し国内・海外の賃貸住宅、オフィス、商業施設、ホテル、ラグジュアリーリゾート、インフラ施設などの様々な不動産への展開を進めています。
 

ニセコを舞台に「イノベーションとコト・モノ・ヒトで創り出す」持続可能なリゾート共創プログラムのサブ画像8

■株式会社GOYOHについて

株式会社GOYOHは不動産とテクノロジーを融合させた持続可能な不動産運用サービスを提供する不動産テック企業です。衣食住、移動、消費、コミュニティ、建物、レジリエンス、ウェルネス、などのSDGs / ESGを可視化し、持続可能性の選択肢と価値を機関投資家、企業、不動産を利用する人々、コミュニティに提供する不動産ESGプラットフォーム『EaSyGo』を提供しています。
GOYOHメンバーはグローバル機関投資家のための不動産脱炭素フレームワークであるCRREM(Carbon Risk Real Estate Monitor)のグローバル科学&投資家委員メンバーでもあり、不動産業界での世界的な脱炭素への枠組み作りにも携わっています。グローバルな不動産投資、機関投資家向け資金調達、ESG運用の分野において、黎明期からのパイオニアとしての専門的な知見と経験を活かした「ESG x 不動産運用 x グローバル」事業を展開しています。

■株式会社GOYOH  会社概要
本社  :東京都新宿区愛住町2
代表者 :代表取締役 伊藤 幸彦
設立  :2018年8月
URL  :https://www.goyoh.jp/easygo/
事業  :不動産テックサービスの開発・運営

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments